独自ドメインのメールをGmailでタイムラグなしに受信する方法

Gmailに独自ドメインのメール(info@○○○.comなど)を読み込ませていると、タイムラグがあるんだよねーという話をよく聞きます。

もし受信タイムラグにお困りの方がいましたら、「転送メール」の設定を追加することで解決できます。
契約しているお客様が多いレンタルサーバーの「エックスサーバー」と「ロリポップ」で説明しますね。

※まだGmailへ独自ドメインメールを読み込む設定をしていない方は、まずは以下の記事を参考に設定してください。
参考:独自ドメインのメールをGmailに読み込む方法

エックスサーバーで転送メールの設定をする

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインして、「メールアカウント設定」をクリックします。

転送したいメールアドレスの横にある「転送」ボタンをクリックします。

「メールボックスに残すかどうかの設定」は「残す」に設定します。
残すと、Gmailに転送したメールは削除されず、エックスサーバー内に残ります。

「転送先アドレス」にはGmailのアドレスを入れます。
「追加する」ボタンを押して設定完了です。

ロリポップで転送メールの設定をする

ロリポップの「ユーザー専用ページ」にログインします。

転送したいメールアドレスの横にある「確認・変更」ボタンをクリックします。

「メール転送設定」のところにある「転送先メールアドレス1」にGmailのアドレスを入力します。

転送後のメールは、「サーバーに残す」にチェックします。
残すと、Gmailに転送したメールは削除されず、ロリポップのサーバー内に残ります。

「更新」ボタンを押して設定完了です。

POP3受信と転送メールで重複しないの??

すでにPOP3でGmailで読み込みをしていると、転送メール設定もしたら同じメールが2件入って来ちゃうんじゃないの?と思うかもしれませんが、Gmailの仕様で同じアカウントのメールは1つにまとめられるようです。

もしGmailで独自ドメインメールを受信していて、タイムラグを感じるという方は、試してみてくださいねー!

シェアはご自由にどうぞ^^
必要な方にどうぞお伝えくださいね。

この記事を書いた人

Honey create